Kマガ

Kログ

一人暮らしはじめました。色々チャレンジしたこと、買ったものの感想を書いていくので、参考になれば幸いです。

MENU

【Logicool M575】トラックボール購入。体の負担が減る

出社が増えてきて、慣れない環境での作業が増えて肩こりや姿勢が気になってきた。それでこの間整体に行ってきたんだけど、めちゃめちゃこっていて衝撃を受けた。これはいかんと思い、姿勢改善のためトラックボールを購入した。

購入商品

今回購入したのはLogicoolのM575というトラックボールマウス。
トラックボールとして安い6000円台で購入することができる。

 


 

 

トラックボールの使い心地

M575はボタン部分に傾斜がついていて、手の力を抜いた自然な形で持つことができる。操作は指を動かすだけで肩を動かさないため場所を取らず、力を入れないので肩こりを緩和することができる。

バッテリーは電池式なので頻繁な充電は必要ない。

アプリは自動でダウンロード

専用アプリの「Logi Options+」はpcに接続するとインストーラが自動で起動。
インターネットからわざわざダウンロードする必要はない

ボタンはカスタマイズ可能

「Logi Options+」では3つのボタンのカスタマイズや感度の調整をすることができる。ショートカットはかなり自由度が高いのでお気に入りのカスタムが可能。

カスタム可能なボタンは3つしかないが、マウスジェスチャーと併用することで様々な操作を割り当て可能。ちなみに使っているマウスジェスチャーはこれ。

かざぐるマウス - k本的に無料ソフト・フリーソフト

デメリット

Bluetooth接続台数は2台まで

ロジクールワイヤレスマウストラックボール無線M575SBluetoothUnifyingトラックボールマウスワイヤレスマウスwindowsmaciPad国内正規品1年間無償保証

接続可能台数は最大2台まで。複数のデバイスで使いまわそうとするとレシーバーを付け替えていく手間がある。せめてBluetooth接続は2台まで欲しかった。

切り替えボタンは裏面にある

さらに接続の切り替えは底面のボタンにあるので、わざわざマウスを持ち上げて底面のボタンを押すという手間がある。マウスが小さいなら片手でできるのでそこまで気にならないが、トラックボールマウスは大きいので絶対両手が必要。

 

こまめな掃除が必要

トラックボール全般の問題としてこまめに掃除をする必要がある。操作するボール部分はくるくる回るので裏側に汚れが溜まって滑りが悪くなる。ボール自体は底面に穴が開いているのでそこから押し出せるが、通常のマウスに比べて面倒ではある。

 

長時間使うならあり

M575はトラックボールとしては安いけど、普通のマウスと比べると少し高い。なのでたまにしかマウスを使わない人はわざわざ選ぶ必要はないと思う。逆に仕事などで一日のほどんどの時間でマウスを触る人は体の負担を減らすためにも買うのはありだと思う。

 

 


 

にほんブログ村 その他生活ブログ 買ってよかったものへ
にほんブログ村